留学をして日本の受験英語から脱出

日本人で英語を話せる人が少ないのは言語学的に日本語と英語は構造が似ていないためだなんて話もありますが、わたしは一番の原因は義務教育課程で習わされる受験英語なのではないかと考えています。先日、高校生の英語の教科書を見ている時に感じました。これでは英語を覚えるのは難しいだろなと。そして、好きでいることも難しいだろうなとも感じたんです。文法を細かく覚えることも大切ですが、そこに偏重してしまうととたんに英語アレルギーの人を作り出してしまうように感じます。最近になってから、英語学習をしている外国人向けに書かれた英語の参考書を読み始めたんです。英語で書かれたもので、英文法を英語で説明しています。それが非常にわかりやすいんです。英語圏のいろいろな語学学校でも教材として利用されているもののようで、実績もある書籍のようでした。語学留学をすればこういったテキストをベースに学習ができると考えると、それは留学の大きなメリットですよね。日本の参考書が合わないなと感じたら語学留学でもして、海外で利用されてるそういうテキストをもとにして学んでいったほうが効果が高いように感じています。